ものぐさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 圧迫止血

<<   作成日時 : 2008/04/29 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

予定時間を一時間過ぎて病棟へ戻ったので、家族も病棟担当医もいた、、。

鼻から入れている酸素チューブのせいで、鼻血まで出ていた、、、。

脚の付け根の止血の為、重しを掛けて身動き禁止との指示が出た、、。

病棟担当医が心臓のチェックを、聴診器でし始めた、、。

あまりの姿に、家族は多くを語らず帰って行った、、。

身動き出来ない状態で、先ほどの人工透析部屋での、メガネ君の上司との雑談を思い出した、、。

{2時間もじっとして透析するのだから、コレステロールも取ってくれれば良いのに、、}
「現在の透析は、中空繊維で濾過していて、濾過できる大きさに制限がある」
「コレステロールは血球と同じ位の大きさだけれど、濾過できる大きさはもっと小さい物だけ」
「コレステロールを選択排除出来れば、病院は大儲けだ、、」
「尤も、最近の研究ではコレステロールは、必ずしも悪者ではないと判ってきた、、」

{手首の血管切ったのに、圧迫止血だけで、縫合しないの、、、}
「自殺などで手首を切れば、他の組織の損傷もあるから縫合するけれど、この程度では、やらない、、」
{圧迫止血だから、塞がってしまうと大変でしょ、、}
「可能性は有るけれど、血管は意外に塞がらないし、替りの血管経路が有るから大丈夫。」
{よく出血場所よりも、心臓に近い処で止血すると、聴いているけれど、、}
「今みたいに、直接患部を圧迫止血すれば良い事は良いのだけれど、、、」

世間の常識も、一度は疑ってみるのも良いかもしれない、、。

動脈の手当判断は、医師しか出来ないと看護婦さんが言っていた、、。

消灯時間間際に、透析所属の医師と病棟担当医が、止血箇所の様子を見に来た、、。

今晩も、睡眠誘導剤で、夢の中へ、、、、

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
圧迫止血 ものぐさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる